「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
172/196

参考資料① 事業者の取り組み事例 166 【住まい手に対して空間イメージをわかりやすく伝えるための工夫】 一般的に、住まい手は平面図や展開図などの図面だけで完成後の空間イメージを描くことが難しいことが多いため、模型やパースなどを活用した提案は従来から行われてきました。 今では、多くのCGソフトウェアが市販され、ウォークスルーや携帯端末での操作など、様々な機能がかんたんに利用できる環境になっています。一方、あえて手書きでのパースにこだわっている事業者もあります。 いずれにせよ、住まい手との認識にずれがないように空間イメージを共有することが目的であり、相手に合わせてわかりやすく伝える努力が重要です。 CG事例①

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です