「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
168/196

参考資料① 事業者の取り組み事例 162 【住まい手の要望を把握するしくみ】 D社(栃木県)では、住まい手の要望を正確に把握し、スタッフ同士が共有してプランに反映するために、「ファミリーライフチェック表」と題する、いわゆるヒアリングシートを活用しています。 家族構成から始まり、絶対に実現したい要望、夢の要望、生活習慣、家電の利用状況、既存の備品を再使用するかどうかなど、住まい手に詳細に記載してもらい、それをもとに打ち合わせを重ねていくことで、住まい手自身にも自分たちがやりたいことは何かを見つめ直し、認識してもらうとともに、担当者も住まい手のライフスタイルを深く理解し、満足度の高いリフォームを実現することができます。 D社の「ファミリーライフチェック表」 まず要望の優先順位を考えてもらう。実際に、この事例では、吹き付け断熱、耐震補強を重点的に実施した。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です