「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
162/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 156 住まい手への調査事項 ① なぜリフォームをしようと思ったのか ・賃貸4年目のアパートの更新時期にあたって、転勤もなさそうだったので、自宅の購入を検討することにした。 ・新築物件も見たが、価格的に手が届かず、また内装やインテリアも画一的であるため、全面的に自分たちの好きなようにリフォームすることを前提として、中古マンションを探すことにした。 ② リフォームの検討を始めてから、実際にリフォーム会社に問合せを行うまでに、どのような下準備を行ったか、またその期間はどのくらいか ・インターネット、雑誌等で情報収集した。1~2年。 ・セミナーにも参加した。 ③ 新築・建替えを含めて検討したか否か、(検討した場合は)なぜリフォームを選択したのか ・検討したが、前述の理由で中古を購入してリフォームすることにした。 ④ 今回工事した家は、将来的にあと何十年(何年)くらい維持したいと思っているか(家族・親類などにも引き継いでいきたいと考えているのか、あるいは売却しようと思っているかなども含めて) ・現在のところは、この家に永住するつもりである。 ⑤ どのようにしてリフォーム事業者を探したか ・インターネット等で探し、セミナーに参加した。 ⑥ 相見積りはとったか、とった場合は何社に声をかけたか ・取っていない。 ⑦ そのリフォーム事業者に決めた理由は何か ・不動産購入からリフォームまでワンストップで手がけている。 ・妻が寒がりで、デザイン性だけでなく6面断熱を特長とする同社の商品の仕様にも魅力を感じた。 ⑧ リフォーム事業者からの説明でわかりやすかった点 ・デザイン性を重視して躯体を剥きだしにする場合のマイナス点など、メリット、デメリットやできること、できないことを丁寧に説明してくれた。 ⑨ リフォーム事業者からの説明で理解しにくかった、わかりにくかった点 ・特にない。 ⑩ リフォームにあたっての資金調達方法 ・自己資金で対応した。 ⑪ リフォームにあたって仮住まいを利用したか否か、利用した場合の不都合などの体験談 ・していない。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です