「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
153/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 147 住まい手への調査事項 ① なぜリフォームをしようと思ったのか ・結婚して、賃貸の建売戸建住宅に住んでいたが、子育てや将来のことを考えて、家を持つことを考えた。 ・戸建住宅も検討したが、都内だと、思うような物件は予算的に難しい。子育てにもマンションのほうが向いていると思った。 ・妻がもともとアンティークや味わいがあるものが好きで、中古マンションを買ってリフォームするのが良いと思うようになった。 ② リフォームの検討を始めてから、実際にリフォーム会社に問合せを行うまでに、どのような下準備を行ったか、またその期間はどのくらいか ・半年くらい。戸建住宅てのオープンハウスなども見て回った。 ③ 新築・建替えを含めて検討したか否か、(検討した場合は)なぜリフォームを選択したのか ・新築も検討した。 ・妻がもともとアンティークや味わいがあるものが好きで、中古マンションを買ってリフォームするのが良いと思うようになった。 ・結果的に、都心だが緑の多いタウンハウスが見つかり、経年はしているものの逆に大きなけやきの木など新築マンションにはない雰囲気が魅力だった。 ④ 今回工事した家は、将来的にあと何十年(何年)くらい維持したいと思っているか(家族・親類などにも引き継いでいきたいと考えているのか、あるいは売却しようと思っているかなども含めて) ・30~40年、少なくとも自分たちの代は住む。 ⑤ どのようにしてリフォーム事業者を探したか ・インターネットで探して、問い合わせた。 ⑥ 相見積りはとったか、とった場合は何社に声をかけたか ・他にも1社声をかけた。 ⑦ そのリフォーム事業者に決めた理由は何か ・自分たちが希望している雰囲気やイメージがすぐに伝わって、把握してもらえた。 ⑧ リフォーム事業者からの説明でわかりやすかった点 ・イメージ写真やサンプルをたくさん見せてくれた。 ・キッチンのまわりにエイジング塗装をしたが、サンプルを作成してくれた。 ⑨ リフォーム事業者からの説明で理解しにくかった、わかりにくかった点 ・特にない。 ⑩ リフォームにあたっての資金調達方法 ・銀行の住宅ローンを利用した。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です