「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
113/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 107 ⑥ 省エネ・断熱性能の向上を実施したか、どのような技術・工法を用いたか、性能レベルをどの程度まで向上させたか、性能評価を行っているか ・断熱材は、ポリエステル断熱材を施工した。 ・サッシはすべてペアガラス仕様とした。 ・結果として、建物全体のQ値は、改修前の9.26→2.76に改善している。 ⑦ バリアフリー性能の向上を実施したか、どのように行ったか ・トイレ、浴室等の段差を解消し、フラットにした。 ⑧ 劣化対策や、維持管理の容易性の向上に関して、何をどのように行ったか ・点検口を新設した。 ・給水・給湯はヘッダー方式を採用し、階段下収納の下に設置している。 ・小屋裏、軒裏には有気孔を設けている。 ⑨ 建物調査(インスペクション)を、だれが、どのように、どのレベルまで実施したか ・詳細調査は、調査員20名で実施。常時微動測定や地盤調査も含め、床下から小屋裏まで既存の状況を詳細に調査、「住まいの診断レポート」にまとめて報告した。 ・新築時の設計図書との相違点等も確認している。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です