「長寿命化リフォーム」の提案
80/82

(参考資料) 中古住宅・リフォームトータルプランの概要 76 2 既存住宅流通・リフォーム推進事業(予算案 20億円) (1)既存住宅流通タイプ 自ら居住しようとする個人が中古住宅を購入してリフォームを行い、住宅瑕疵担保責任保険法人による検査、瑕疵保険への加入等を行う取り組みを支援する。 (2)大規模修繕タイプ 分譲共同住宅の大規模修繕工事に際して、長寿命化工事等を実施し、住宅瑕疵担保責任保険法人による検査、瑕疵保険への加入、履歴情報の登録・蓄積を行う取り組みを支援する。 その他に、 既存住宅等に対応した住宅瑕疵担保責任保険の提供体制の整備事業(1.5億円) 住宅消費者への相談体制の整備事業(4億円) 民間住宅活用型住宅セーフティネット事業(100億円) 木造住宅施工能力向上・継承事業(9.9億円) が、平成24年度の事業として予算化されています。 リフォーム工事費用に1/4を乗じた額 保険加入に係る現場検査料・事務手数料に相当する額 補助額 補助限度額 1戸当たり50万円 長寿命化に要する工事費用に1/3を乗じた額 保険加入に係る現場検査料・事務手数料に相当する額 補助額 補助限度額 総戸数×25万円 1管理組合当たり2,000万円

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です