「長寿命化リフォーム」の提案
54/82

第3章 地域における長寿命化リフォームの担い手の育成 50 2 長期的な視点に立ち、地域における住まいの相談体制づくりに取り組む 同会議の具体的な活動の1つとして、「いえ・まち銀行」というしくみがあります。 これは、一般の住民が3,000円の加入金で6回住まいの関する相談を行うことができるチケットを購入し、これら加入者から、同会議に参画する専門家が、住まいや街づくりに関するさまざまな相談を受け付けるというものです。 地域の高齢化や空き家対策も含め、日頃から住まいの相談を通じて地域のコミュニケーションを図ることを目指しており、住まい手の立場に立って住まいや暮らしについての相談に乗る取り組みです。 3 住み替え、土地活用など、中古流通に関わる具体的な相談にも対応 同会議では、住宅地の高齢化、宅地の空洞化、街並みの細分化などの諸問題に取り組むにあたり、住み替え、土地活用など、中古流通に関わる具体的な相談にも応じています。 県内から他県への移転にあたっての住まいの売却に関する相談、利用されていない土地の活用に関する相談など、すでにいくつかのプロジェクトも進行しています。 実際に、同会議で既存の住まいの売却相談を受けた物件は、「埼玉いえ・まち再生会議のおすすめ物件」として地元の不動産物件情報にも掲載されています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です