「長寿命化リフォーム」の提案
52/82

第3章 地域における長寿命化リフォームの担い手の育成 48 2 担い手育成に向けたさまざまな取り組み 地域において住まいの長寿命化や、既存住宅の長期的な活用を普及させていくためには、その担い手となる人材の育成、推進するための組織や体制、さらには地域としてそのようなまちづくりを行ううえでの意識の醸成などが必要になってきます。 多くの地域で、これら広義での「担い手の育成」に向けた様々な取り組みが行われていますが、主なパターンとしては、 ① 技能者の育成 研修・講習等による技能者の育成、情報交換によるスキルアップ ② 組織化・ネットワーク化 地域における推進組織の設立、同業者あるいは他業者との連携、ネットワークづくり ③ 歴史的保全、まちづくり ④ 住まい手向けの啓発・相談、情報提供 住まい手向けの住宅や暮らしの相談、情報発信・情報提供 などがあげられます。 その主体も、行政・公的機関、民間事業者、NPO、市民団体など、様々であり、今後さらなる広がりが期待されます。 担い手育成の主な取り組みのパターン 技能者の育成 組織化・ネットワーク化 歴史的保全、まちづくり 住まい手向けの啓発・相談、情報提供 技能者の育成など狭義での「担い手の育成」に加えて、多くの地域で様々な取り組みが行われています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です