「長寿命化リフォーム」の提案
5/82

第1章 長寿命化リフォームの要素技術 1 第1章 長寿命化リフォームの要素技術 平成23年度に当協議会が実施した事業事例の調査においては、長寿命化リフォームで備えるべき様々な「住宅性能」の中でも、特に重要と考えられる「耐震性」「省エネルギー性」を主な調査対象として取り上げることとしました。 その他に、長寿命化リフォームを実施するためには、まず建物の現状を的確に把握して、それに基づく改修計画を立てることが必要となるため、「建物検査(インスペクション)」について、調査を行いました。 さらに、長寿命化リフォームは大規模な工事になることも多いため、リフォーム資金の調達を多様化するための手段であり、様々な商品開発が進みつつある「リフォームローン」についても調査対象としました。 これらの調査結果を元に、次ページから、 ① 建物検査(インスペクション) ② 耐震リフォーム ③ 省エネ・断熱化リフォーム ④ リフォームローン の4つの要素技術について、それぞれの業界動向等を解説し、さらに具体的な事業事例をご紹介していきます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です