住宅リフォーム推進協議会 倫理憲章

トップページ倫理憲章

倫理憲章とは?
策定の目的 住宅イメージ  わが国の住宅市場の活性化のためには、住宅リフォームの潜在需要を顕在化し、かつ継続的な需要喚起を促すことが必要である。このためには、住宅及び住宅リフォーム業界と消費者との間に、確かな信頼関係を構築することが不可欠である。本倫理憲章は、住宅及び住宅リフォーム業界がその実現のために自らを律することを、一般消費者に向けて表明し、業務を実施するにあたって企業(事業者)及びその経営者の行動規範を定めるものである。
本憲章の性格  本倫理憲章は、住宅リフォームに関係する事業者が、それぞれの業態に応じて共通の行動指針となる理念を宣言するものである。本倫理憲章の目的は消費者との信頼性を確立することであるから、「活動理念」「ビジョン」等とは性格を異にし、消費者に対して自らの行動を律する倫理規範として構成されている。
 本協議会は原則として会員が団体であることから、ここで定める倫理規定は各団体の会員企業等に直接拘束力を及ぼすことはない。それぞれの会員団体が倫理規定を定める際の指針、または会員団体傘下の個々の事業者が業務を行う際の共通の行動規範を示すものである。


住宅リフォーム事業者倫理憲章

良質な住宅ストック形成と美しい街並みの整備を通して、21世紀の豊かな文化の創造と社会の持続的発展の実現のため、住宅リフォーム産業に期待される社会的使命は大きい。

住宅リフォーム推進協議会は、以下の「住宅リフォーム事業者倫理憲章」を定め、事業者への定着と事業環境の整備を推進する。この憲章は、住宅リフォームに関連する事業者が、その社会的使命に応え、それぞれの業態に応じて事業を適切に行う際の共通の行動規範となるものである。

1 依頼主の期待に応え、
住み心地や資産価値が最大となるよう努める。
2 依頼主が適切な選択と判断ができるよう、
常に正確な情報の提供に努める。
3 見積や契約等について誤解を生じないよう
正確で分かりやすい書面により適正な業務遂行に努める。
4 依頼主にとってよき相談者となり、
クレーム等に対して誠実な対応に努める。
5 関係法令を遵守し、
さらに高い品性とモラルの保持に努める。
6 住まいの質の向上を目指し、
専門知識の習得と技術・技能の研鑚に努める。
7 依頼主の理解と協力を得て、健康で安全な生活環境の実現と
資源の有効利用等による地球環境保全への寄与に努める。
住宅リフォーム推進協議会
住宅リフォーム推進協議会
トップページへ
協議会概要
会員団体
入会案内
情報提供
倫理憲章
標準契約書式集
刊行物案内
活動報告
会員ニュース
会員イベント案内
ステップアップセミナー
Webセミナー
これからリフォームを検討される方へ
リフォーム事業をされている方へ
地域住宅リフォーム推進事業
調達情報
リンク集
国土交通省
住まいの情報発信局
住宅リフォーム・紛争処理支援センター
リフォネット
『長寿化リフォーム』セミナーのお知らせ

省エネ改修緊急促進事業