支援制度の概要(詳しい内容については、公共団体にお問合せください)
実施地方公共団体 東京都 杉並区
制度名(事業名) 高齢者等賃貸住宅改修助成
支援分類 ②バリアフリー化
(1)バリアフリー化
支援方法 ①補助

10万円以上(税抜き)の改修工事を行う場合、工事費用(税抜き)の50%(100万円を上限)を助成

対象工事 ②バリアフリー改修工事の実施

①住宅改修
(1)手すりの取り付け(2)段差の解消(3)滑りの防止など
②住宅設備改修
(1)浴槽の取替え(2)流し、洗面台取替え(3)便器の洋式化など

補助対象となる費用 ②工事費用の総額に応じて決定
補助率等 10万円以上(税抜き)の改修工事を行う場合、工事費用(税抜き)の50%(100万円を上限)を助成
対象住宅 ①建築基準法等に違反する建築物でないこと
②昭和56年6月1日以降に着工した建築物であること(確認済証及び検査済証の提出が必要)
③住宅用火災警報器の設置、消防用設備等の設置、防火管理等の対策が実施されていること
④住戸の床面積は原則として16㎡以上であること
発注者 ④その他の要件

①杉並区内に賃貸住宅または空家を所有している方
②所有者が特別区民税または市町村民税を滞納していないこと
③現在、この助成を受けていないこと。
 ※当該住宅が共有名義の場合は、名義人全員の同意を得ていること
④最初の入居者は、高齢者世帯または障害者世帯であること
 (最初の入居者が退去後も10年間は高齢者世帯及び障害者世帯を入居させること)
⑤入居者の家賃は、改修前の家賃と同額以下とすること

工事施工者 ④要件なし
詳細ホームページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/sumai/shikin/1028569.html
備考  
担当部署 杉並区居住支援協議会(都市整備部住宅課)
お問合せ先 03(3312)2111 内線3529 担当 竹内
最終更新日  
閉じる このページを印刷する