支援制度の概要(詳しい内容については、公共団体にお問合せください)
実施地方公共団体 神奈川県 平塚市
制度名(事業名) 平塚市木造住宅耐震化促進事業補助金
支援分類 ①耐震化
(1)耐震改修 (2)耐震診断 (3)設計
支援方法 ①補助
対象工事 ①地震災害対策工事の実施(診断・設計も含む)
補助対象となる費用 ①特定の工事の工事費用に応じて決定
補助率等 ※区分1区分2は補助対象者の区分です。下記「発注者」の欄をご確認ください。

〈耐震診断〉
区分1 耐震診断に要した費用を全額補助(兼用住宅は消費税分除き補助)
    延べ面積150㎡以下 9万2千円 延べ面積150㎡超 10万1千円
区分2 延べ面積150㎡以下 6万2千円 延べ面積150㎡超 6万8千円
<耐震改修設計>
耐震改修設計に要した費用(税抜)の1/2
(区分1上限7万円、区分2上限3万5千円)
<耐震改修工事>
耐震改修工事・現場監理費用(税抜)の4/5
(区分1上限94万円、区分2上限47万円)
<防火耐震工事>
耐震改修工事と同時に防火改修する工事の補助対象費用・現場管理費用(税抜)の4/5
(区分1上限144万円、区分2は補助対象外)(対象地域の指定あり)
<建替え除却工事>
除却費用(税抜)の1/3
(区分1上限額36万円、区分2は補助対象外)
 
※耐震改修工事、防火耐震工事、建替え除却工事は市県民税が前2年度分非課税の世帯への補助金額の加算があります。

詳しくは下記の詳細ホームページをご覧ください。
対象住宅 ・平塚市内で昭和56年5月31日以前に建築された一戸建ての住宅または兼用住宅(延べ面積の1/2以上が住宅部分のものに限る。)ただし、昭和56年6月1日以降増築されたもので、増築に係る部分の床面積の合計が昭和56年5月31日における延べ面積の2分の1を超えるものを除く。
・木造在来軸組構法で建築されたもの
・2階建て以下のもの
発注者 ④その他の要件

〈補助対象者〉
区分1 次のアからエのいずれかに該当する者
 ア 所有者かつ居住者
 イ 対象の住宅に配偶者又は3親等内の親族が居住している所有者
 ウ 居住者(所有者である者を除く。)
 エ 現在は対象住宅に居住者はいないが、耐震化をした後に居住する予定の所有者
   (エは事前にご相談ください)
区分2 区分1アからエまでのいずれにも該当しない所有者(対象の住宅に居住者がいない場合を除く。)

・市税を滞納していない者

工事施工者 ④要件なし

・工事施工者の要件はなし。ただし、診断、設計及び監理は、市登録の木造住宅耐震診断技術者が行う。

詳細ホームページ http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/machizukuri/page-c_01908.html
備考  
担当部署 建築指導課
お問合せ先 0463-21-9731
最終更新日 令和4年07月14日
閉じる このページを印刷する
住宅リフォーム推進協議会
リフォーム事業者の方はこちら
リフォームをお考えの方はこちら