支援制度の概要(詳しい内容については、公共団体にお問合せください)
実施地方公共団体 宮城県
制度名(事業名) 平成30年度スマートエネルギー住宅普及促進事業補助金
支援分類 ③省エネルギー化
(1)窓・壁等の断熱化工事 (2)省エネ設備の設置
支援方法 ①補助
対象工事 ③省エネルギー対策工事の実施
④省エネルギー設備の設置

③既存住宅の窓・屋根・天井・壁・床の省エネルギー改修
④太陽光発電システム,地中熱ヒートポンプシステム,蓄電池,V2H,家庭用燃料電池(エネファーム),HEMSの設置
 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の新築

補助対象となる費用 ⑥その他

省エネルギー設備の設置については工事費用にかかわらず定額を補助
地中熱ヒートポンプシステムについては設置に要した経費の一部を補助
省エネルギー改修工事については施工した部位・箇所ごとに決められた金額を補助

補助率等 【補助額・補助率】
(1)太陽光発電システム 5万円/件
(2)地中熱ヒートポンプシステム 対象経費の1/10(上限30万円)
(3)蓄電池 8万円/件
(4)住宅用外部給電機器(V2H) 7万円/件
(5)家庭用燃料電池 15万円/件
  既存住宅,LPガス,寒冷地仕様の場合,各3万円上乗せ
(6)HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム) 3万円/件
(7)既存住宅省エネルギー改修 部位・箇所により3千円~12万円/箇所(窓等開口部は上限10万円)
(8)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH) 25万円/件
対象住宅 宮城県内において,申請者本人が住居として使用しているもの
発注者 ④その他の要件

下記の要件を全て満たす方
イ 次のいずれかに該当すること
  ①宮城県内に住所を有する個人
  ②宮城県内に本拠地を有する法人(個人事業主を含む)
ロ 全ての県税に未納がないこと
ハ 暴力団員又は暴力団関係事業者に該当しないこと

工事施工者 ④要件なし
詳細ホームページ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/saisei/smart-energy-h30.html
備考 当補助金に係る受付・審査・支払は以下の機関が行います。
一般財団法人宮城県建築住宅センター 
電話:022-265-3605
担当部署 環境生活部再生可能エネルギー室 省エネルギー推進班
お問合せ先 022-211-2655
最終更新日  
閉じる このページを印刷する